気付きを記す事、話す事

今日気付いた事を記す事や話す事は記憶になりやすいです。

結果的にその気付きは徐々に自分の体へとしみだしていきます。

面倒と思ってもその時の状態や感じた事を記すと変化はあるでしょう。

マリア・ヘラー女史はセミナー中に気付きを絵にすることも勧めていました。

私は気分によっては絵は書けるのですが、

気付きの度に絵にする作業は少し重いので、

やはり文字にしています。

その人その人のやり方、ここち良さの具合で気付きを

表現することはお勧めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です